うつは絶対に放置しない|診断基準や対処法

治す方法と進化する治療

男性

うつと診断されてしまったら、どのような治療をするのでしょうか、現在は研究が進み、効果的な治療方法が以前に比べて増えてきました。どのような治療があるのか知りましょう。
うつと診断されて、まず担当医が考えるのがどのように休息を取らせるかということです。うつは心と体に疲労が慢性的にたまってしまうことで起こる症状ですので、回復の第一条件として、しっかりと身体を休めることが大事になります。早期の発見や、軽度の症状では薬の服用をさせずに、十分な休息だけで回復することもあります。休息で治るのであれば、副作用などがでる心配もないので、担当医はここでしっかり見極めるわけです。休息に関しては社会人であれば症状が軽ければ、残業など仕事量を減らしていくことから考えます。うつにかかりやすいタイプの人は、責任感が非常に強く、時間外も仕事をしてしまっている人が多いです。他の人に仕事を頼んだり、仕事を早く終わらせてしっかり休むよう患者を説得します。また、最低でも週に1、2回の休日が必要です。毎日仕事をしていては、身体を上手くリセットすることができません。かならず休日がとれるように職場で相談しましょう。うつの症状が比較的重いと診断された場合は、仕事を休職するという選択も検討します。症状が重い場合は、仕事をしながらとれる休息では十分ではないのです。仕事をせずに体力の回復に集中できる環境を作り出すことが大事です。
比較的症状が重いと診断された場合は、休息だけでなく投薬も平行して行うことが多いです。うつは心の問題というだけでなく、脳内の神経伝達物質の分泌が上手く機能していない場合が多いです。そのような時には、投薬治療によって、この神経伝達物質を正常な量に戻すという治療が効果的です。薬も一種類だけでなく、その人の症状によって種類を変えたり複数組み合わせたりして、なるべく副作用が起きないように処方されます。薬の服用は半年以上の長いスパンで考えて、着実に回復できるようになっています。薬では多少副作用が出る場合があるので、もっと短期間で治療できないのかと考えたり、症状が収まってきたら勝手に薬を飲むのを止めてしまうということがよくありますが、うつは再発率がかなり高いので自己判断は絶対に止めましょう。長いスパンでの投薬が必要な理由は、再発を防ぐためでもあるのです。薬の量が多すぎると感じた場合は、必ず担当医に相談しましょう。その上で、担当医が今薬を減らしてもいいのか判断してくれます。
うつの治療では、薬と投薬による治療が柱になりますが、現在はその他にもいろいろな治療方法があります。まず、治療方法と関連しての診断方法ですが、患者の脳内の血液量の変化をみて、患者の状態やどういった治療が最適か判断するというものがあります。従来は医者によるカウンセリングのみで、この患者がどういったうつ病で、どんな治療をしていけばいいのか診断されていましたが、脳内の血液量をみることで、より客観的な診断が出来るようになってきています。この方法であれば、その人がうつ病か、もしくは症状が似ている他の病気かということも判断がしやすいので、近年注目を浴びています。患者の状態によって、休息が必要なのか、運動が必要なのか、投薬が必要なのかより適切に判断することが出来るのです。治療中の回復具合についても、この方法で脳内の血液量をみることによって、以前と比べてどの程度回復が進んでいるかということがわかるので、薬の量などに関しての調節もしやすく、より効率の良い治療ができます。
病気の症状が出ている人には、脳内の血液量が少ない傾向があるのですが、電磁気で刺激を与えることによって、血液の量を増やすことができるとわかってきました。特殊な装置を使い、電磁気で患者の頭部に10分程刺激を与えることで、血液の量に変化が生じます。なぜ、刺激を与えると血液量が増えるのかということはまだ十分には分かっていないのですが、これからさらに研究が進むことが期待されています。もともと、磁気でなく、電流を患者の頭部に流すという治療はあったのですが、電流の場合は頭が痛くなるなどの副作用が出てしまいます。電磁気で刺激を与える方法では、治療後に痛みが出ることがないので、こういった意味でも注目されています。また、電磁気による方法は、うつ以外の様々な病気にも効果があることが分かってきており、各方面での活躍が期待されます。
うつの治療としてヨガなどを取り入れているところもあります。ヨガはご存知の通り、最もポピュラーな健康維持方法として確固たる地位を築いています。ヨガでの主な考え方の一つに、リラックスした体勢で深い呼吸をし、心身のバランスを整えるというものがあります。呼吸を鍛えると交感神経と副交感神経のバランスがよくなり、心と体がちぐはぐになるといったことがなくなります。運動療法の一環としてヨガがとても注目されてきているのです。
このようにうつ病の治療にはいろいろな方法があります。

To Top